秋穂の雑記

akihoのブログ

トリクルダウン説の主要部分を構成する証拠がないことだ。

過去数十年間の歴史が何か教えてくれたとすれば、それは、金持ちがますます豊かになっても、経済全体としての成長率の上昇にはつながらないということだ。50年代の個人の最高所得税率は90%で、法人税率は50%を超えていた。現在の法人税率は約35%で、個人…

社会制度や発展モデルを押しつけたりす ることはしない。

原因はインドがパキスタンと領有権を争うカシミール地方が、中パ経済回廊と呼ばれる一帯一路関連事業の対象地域となっているため。中国の新疆ウイグル自治区とインド洋に面するパキスタンのグワダル港を道路や鉄道でつなぐ事業で、中国が海洋進出を強める布…

車載や仮想現実端末といった新用途も立ち上がる。

秋穂です、すき焼きは家庭のお肉のメニューとしても食べられています。一般家庭でも気軽に作ることができるようになったのは、専用の割り下やタレが、スーパー等で気軽に購入できるようになったことが大きいのではないでしょうか。沢山の種類の割り下やたれ…

質と低価格の両立に向けた組織改革を急ぐ。

秋穂です、4月の米市場全体の販売奨励金は平均で1台あたり約3500ドルと前年より13%増えた。トヨタは2000ドル台前半に抑えるが、買い替え需要が一服した北米の収益環境は厳しい。トランプ米大統領の批判を浴びたメキシコで建設中の新工場に計画変更がない…

飼育のしやすさや見た目の清潔さを重視して行っている方もたくさんいらっしゃいます。

秋穂です、既存店の客数が減る主な要因は2つ。一つはセブンイレブンなど大手3社が国内総店舗数の9割近くを占める業界内での競争だ。同じチェーン同士の食い合いが増えている。もう一つは食品スーパーやドラッグストアが集客のため、コンビニの主力の弁当…

グローバルな開放性と一国主義の閉鎖性の対立になる。

秋穂です、EU離脱を決めた英国とトランプ大統領を選んだ米国。両者の選択にはエリートへの怒り、将来や移民への不安、過去の栄光への郷愁という3つの要因があった。仏有権者でユーロ離脱を支持するのは25%だけだ。混沌に混沌を重ねるリスクをためらい、…

それにあわせて自分で歩くスピードを調整すればいいだけでいいのでとっても楽ちんです。

秋穂です、電動ウォーカーとは、いわゆるウォーキングを主体としたルームランナーのことで、わざわざ外へ出かけなくても自宅にいながら散歩やウォーキングをしてるような効果を得ることができる電動ウォーキングマシンのことですね。年齢や性別、自分の好み…

この「お試しコース」は、よくある縛りがない

秋穂です、文氏は強みとする若年層だけでなく、各世代にまんべんなく人気を得ている。最近の討論会では、ライバル候補たち の追及や挑発をいなす、安全運転ぶりが際だつ。一方で2強の一角、安哲秀氏は急上昇した支持率に陰りがみえる。朴前大統領のスキャン…

同等の地位をアマゾンが短期間に確立するのは容易ではない。

秋穂です、アマゾンとの取引がなくなれば業績に悪影響が出るのは避けられない。14年には取次3位の大阪屋の経営危機が表面化し、15年には4位の栗田出版販売が法的整理に追い込まれた。苦境にある取次業界には不安が広がる 。出版大手ではKADOKAWAが…