秋穂の雑記

akihoのブログ

この「お試しコース」は、よくある縛りがない

秋穂です、文氏は強みとする若年層だけでなく、各世代にまんべんなく人気を得ている。
最近の討論会では、ライバル候補たち の追及や挑発をいなす、安全運転ぶりが際だつ。
一方で2強の一角、安哲秀氏は急上昇した支持率に陰りがみえる。
朴前大統領のスキャンダルで保守政党に嫌気が差し、行き場を失った穏健保守が向かったのが、中道系の安氏だった。
1桁にとどまっていた支持率が30%後半まで跳ねあがった後、4月中旬以降は失速。
韓国ギャラップの調査では前週比6ポイント下落の24%とトップの文氏との差が再び開いた。
慶尚道地域など伝統的な保守地盤の支持が、保守系候補に回帰。
旧与党自由韓国党の洪準杓候補の支持率は12%。もう一つの保守政党正しい政党の劉承候補は4%と保守の票が割れている。
文氏有利の観測が増えるなか、安氏逆転のカギは保守票と浮動票が握る。
所属する国民の党は 議員数が少なく、組織票を見込みにくい。
狙うのは投票率のアップだ。
医師や起業家出身の安氏は遊説や討論会でも既成政党と一線を画して未来を前面に打ちだす。
革新色の強い文氏を嫌う保守層の中高齢者や無党派の若者からの得票につなげたい考えだ。
保守と中道政党の連携を探る動きも続く。
だが候補者一本化は容易ではない。
劣勢の保守系候補にとって大統領選は選挙後をにらんだ保守派内の主導権争いの意味合いもある。
途中で退場すれば、保守政治家の人生に大きな打撃となる。
文氏も支持率40%台の壁を突き破れない。
朝鮮半島の緊張のもと北朝鮮に融和的とされる安全保障政策が他候補から攻撃されている。
過去の大統領選では劣勢だった候補が逆転したケースもある。
次に、こんな話題もどうぞ。
シミウス|ホワイトニングリフトケアジェル良いとこ悪いところ!
http://www.xn--cckdfg7bg2bne5mb8a6j7cvc7kxa4d5d2h.com/
シミウスの美白オールインワンに関するレポート…
良いとこ悪いところ!…
とってもお得に購入できる「お試し情報」…この「お試しコース」は、よくある縛りがないので、やめたくなればいつでもキャンセルしたり解約したりできるうえ、解約金などがかかる心配がないんです。