秋穂の雑記

akihoのブログ

飼育のしやすさや見た目の清潔さを重視して行っている方もたくさんいらっしゃいます。

秋穂です、既存店の客数が減る主な要因は2つ。
一つはセブンイレブンなど大手3社が国内総店舗数の9割近くを占める業界内での競争だ。
同じチェーン同士の食い合いが増えている。
もう一つは食品スーパーやドラッグストアが集客のため、コンビニの主力の弁当や総菜に力を入れていることだ。
セブンに限らず、コンビニ各社は対応を急いでいる。
ローソンは店内で調理した出来たての弁当や総菜を販売する店舗を広げている。
夕方以降に売り出す夜や翌 朝向けの弁当やおかずの品ぞろえも増やす方針だ。
ファミリーマートも弁当や総菜の品質向上に向け、協力会社と組み、総額350億円を投じる工場整備に乗り出した。
国内のコンビニ総店舗数はかつて飽和水準とされた5万店を大きく超え、6万店が間近に迫る。
既存店の客数が伸び悩む現状でもまだまだ出店余地はあるとみる大手3社は規模拡大へアクセルを踏み込む。
2017年度はそろって1000店規模の新規出店を計画。
セブンイレブンは2万店に達する勢いだ。
一方、店のオーナーのなり手がいない、パートやアルバイトが集まらないという声は年々強まる。
2月には名古屋市セブンイレブン加盟店が欠勤したアルバイトから罰金を取っていたことも発覚した。
人手不足は新規出店の足かせに なるだけでなく、店舗網の維持も危うくする。
人手不足が最大の課題とするローソンは17年度、会計や袋詰めを自動化する無人レジを十数店舗に導入する計画だ。
セブンイレブンは調理機器を洗う作業を軽減するため、18年2月末までに全店に食洗機を導入する。
競争激化と人手不足。
明確な課題への対応の成否が今後の成長を左右する。
それからそれから、犬のトリミングが必要か否かは、ワンちゃんの毛の種類によりますね。
プードルやミニチュアシュナウザーなどはトリミングが必須の犬種に属します。
これに対し、不要な犬種は、シーズーマルチーズなどでグルーミング犬種と言われています。
しかし、グルーミング犬種でもトリミングをしてはいけないわけではなく、飼育のしやすさや見た目の清潔さを重視して行っている方もたくさんいらっしゃいます。
犬トリミング