読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋穂の雑記

akihoのブログ

車載や仮想現実端末といった新用途も立ち上がる。

秋穂です、すき焼きは家庭のお肉のメニューとしても食べられています。
一般家庭でも気軽に作ることができるようになったのは、専用の割り下やタレが、スーパー等で気軽に購入できるようになったことが大きいのではないでしょうか。
沢山の種類の割り下やたれが販売されていて、各メーカーで味もちがっています。
また、材料も家庭で手に入れやすい、しいたけ、豆腐、春菊や白滝といった食材であることも一つだといえます。
すき焼きは一つの鍋を家族みんなでつついて食べる、親しみやすい家庭料理としても愛されるようになりました。
すき焼き肉
さて、次はこんな情報です。
足元ではアップルの最新機種が堅調なのに加えて、中国スマホの勢いが急速に増している。
日本の電子部品メーカーは、過度なアップル依存を避けるために中国スマホメーカーを開拓してきた。
その努力が実を結びつつある。
中国スマホは高機能化が進んでいる。
太陽誘電の登坂正一社 長はハイエンドの電子部品の需要が堅調に推移しそうだと話す。
村田製作所は得意とする高機能スマホが増えることで18年3月期は2桁の売り上げ成長が期待できるとみる。
世界のスマホメーカーからは強気の引き合いが来ている。
各社が17年に勝負をかけているからだ。
発火事故で辛酸をなめた韓国サムスン電子は新製品で挽回をめざす。
アップルは有機ELパネルを搭載するとされる新製品を用意する。
中国スマホメーカーも一層の飛躍を狙う。
各社からの引き合いを足すと、スマホ市場全体の数字を超えそうな勢いだという。
電子部品メーカーは勝ち組を見極めないと過剰な在庫を抱えることになりかねない。
部品によって好不調の濃淡が出ている。
村田製作所は通信用の高周波デ バイスが伸び、京セラは水晶部品が伸びる。
一方でコネクターやコンデンサーなどは一部で価格下落が目立つという。
半導体は引き続き活況だ。
スマホ搭載用やソリッド・ステート・ドライブ用NAND型フラッシュメモリーは需給が逼迫している。
売価も堅調で17年は安泰というのがメモリー各社の共通認識だ。
スマホの複眼カメラが売れ筋となり、ソニーイメージセンサーも旺盛な受注が舞い込む。
ディスプレーはテレビやスマホ向けが伸びるほか、車載や仮想現実端末といった新用途も立ち上がる。
ジャパンディスプレイやシャープの液晶事業も回復基調が続いている。